アマンヤンユン旅行記 ~ホテルの全貌が明らかにッ~

 

どうも、SAISHUです。

部屋で一息ついたあとはAmanyangyunの内部観光へ出掛けました。

 

 

部屋を出ると自然が広がる。

この素敵な道の左右にワタシが泊まっているタイプの部屋が軒を並べています。

(ミンコートヤードスイート 99㎡)

 

長い廊下を歩く。

広大なアマンヤンユンの敷地。

チェックインのときにもらった地図がないと迷子になりそう。

 

ホテル側からエントランスを見た図。

あのカートはヴィラに宿泊するひとを案内するときに使うのかな。

(さきほどの廊下で走ってる姿は見ませんでした)

 

到着時にタクシーが通った道。

こうみると全然中国っぽくないなァ……。

ホームページのトップ画面の立派なお屋敷はどこにあるのかしら。

https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun

 

SPAへ行ってみる。

世界中のAMANで力を入れているSPAですが、最新のアマンヤンユンのSPAはその中でもスゴイと評判なのです。

なんと敷地面積は2,865平方メートルッ!!

(もはや大きさが想像できない)

 

SPA施設を歩く。

入り口で「Hi I’d like to look around」と受付に伝えて潜入してますので、なにがどこにあるのか全くわからない笑

 

最新のGYMを発見ッ!

SPAへのチカラの入れ具合がわかりますね!!

サンドバッグを発見。もちろん殴りましたともッ!!

 

めっちゃ気持ちよいです。

プロが使う8オンスのグローブをつけ、ボカスカと殴りまくる。

すぐに拳が痛くなったけどストレス解消にはもってこい!

 

プールの端から端が見えないプール。

水中から撮っているようにみえますが、これは地上から撮影しています。

ベンチから右へ進むにつれて深くなる構造、一番右の地点は長さ57m×深さ1.4mになります。

 

室内にもプール。

すごいよ、すごすぎるよアマンヤンユン。

SPAにどれだけ金をかけているんだい?

 

男子更衣室。

Womenは出入り禁止の秘密の場所。

コチラを使うには、受付でロッカーの電子キーを借りなければなりません。

 

大浴場ッ!

Simple is Bestのデザインである。

お湯は少しぬるめ、反対側には水風呂がありました。

(近くにサウナもあり)

 

SPAをあとにしました。

他にもヨガルーム、ピラティススタジオ、マッサージ室などが盛りだくさん。

デカすぎて把握できませぬ。

 

あれは有名なクスノキっ!

アマンヤンユンにはストーリーがあります。一言で表現すると、

「ダムの建築で歴史的遺産の伝統家屋と楠が消滅しそうだったから700km離れたところから上海に運んできたよ」というもの。

広場にズドンと一際存在感を放つ楠は樹齢1000年にもなるのだとか。

 

楠とワタシ。

クスノキの大きさがわかってもらえるでしょうか。

あの赤いリボンのようなものはなんなんだろう。お祝いでもあったのかしら。

 

フラフラしていたらスタッフさんがあらわる。

独特なデザインのユニフォームを着た、感じの良い女性がこのあたりを案内してくれるというではありませんかッ!

写真ではわかりませんが、靴だけは支給されるものがないようでフツーのスニーカーでした笑

 

ココはなにに使われるんです?

英語が堪能ではないワタシは一生懸命に説明をしてくれる女性のハナシの20%ほどしか理解できず、結局ココが何に使われるものなのかはわかりませんでした。

おそらく、中国の伝統的な建物であり、なにかに使われるというよりも見学するための施設だと思われます。

 

ココはなにに使われるんです?

はい、さきほどの文章をココに入力していただいて構いません笑

 

宴会場。

スティーブ・ジョブズが新製品の発表会をやってもいいくらいの立派な施設。

ウェディングもできそうですな。

 

会議室。

Amanyangyunで会議をするヒトたちはどんな方々なのでしょうか。

外部のヒトよりも、スタッフさん達が使ってそう。

 

かわいい看板。

英語がなくても下の中国語だけでなんとなくわかる。

 

IMAXシアター。

流石に度肝を抜かれました。ホテルにIMAXシアターって……。

ちゃんと毎日映画を上映しています。

(スタッフさんがお勧めする、Amanyangyunがオープンするまでのムービーを見せてもらいました)

 

 

さて、

この記事のタイトルに「ホテルの全貌が明らかにッ」と大々的に宣伝しましたが、まだまだこんなもんじゃないんですよアマンヤンユン。

続きますッ!!

 

yutodusoleil 登録者

«          »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*