〔212〕1日1万円の出費でヨーロッパを楽しめなくなった貧乏性の僕。

 

どうも、SAISHUです。

 

まだ東南アジアを旅していたとき、知り合ったヨーロッパ人に「ヨーロッパは高いよ」と言われていた。

振り返ると実感する。ヨーロッパは高い。

 

例として、泊まったホステルを振り返ってみた。

 



タイで泊まった激安のホステル。

100バーツは約330円。ラオスからタイに戻ってきた時だから、チェンコーンのホステルだ。

この頃はお財布に優しかったなァ……。

 

 



デリーのホステル。

500ルピーは約850円。

デリーのホステルはコルカタやバラナシに比べると値段が高め。それでも今思うと、まだまだ安い。

 

 



イスタンブールのホステル。

2泊で15ユーロ(2000円)なので安い。

トルコはISのテロで観光客が激減し、通貨のトルコリアが暴落し続けているため。

 

 



スロベニアのホステル。

1泊17ユーロ(約2200円)ということは、タイのホステルを7泊できる計算になる。

しかしヨーロッパにいると全ての物価が高いため、そんなことは考えなくなってしまう。

 

 



ドイツのライプツィヒのホステル。

これは2泊の値段なので、1泊21.5ユーロ(約2800円)

値段の上昇は誰にも止められない。

 

 



イタリアのベネチアのホステル。

ベネチアといえば超人気観光地、そこのホステルは値段も飛び抜けている。

1泊37.8ユーロ(約4900円)だ。しかも16台のベッドがひしめき合うドミトリールーム。

 

 

 

1日寝るだけで5000円の出費となると、食費、移動費、観光費などを足すと「1日1万円の出費」がかかる。

ATMで2万円引き出しても2日でなくなる。

僕は、その事実にヨーロッパを楽しめなくなっていた。

 

 

街がオシャレ?? 歩いている人々は肥満体型ばっかりじゃないか。

ご飯が美味しい?? なんでパスタが10ユーロもするんだい、スーパーで買えば2ユーロで作れるよ。

僕は「安いッ!」が楽しさに直結するタイプの貧乏性だ。

 

 

きっとお金持ちはヨーロッパが楽しくて仕方ないと思う。

そして僕は、ホントに貧乏性なのだなァと、ヨーロッパで存分に思い知らされたのである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*