〔245〕男一人でアイスランドを一周した7日間 【2日目】

 

どうも、SAISHUです。

 

Stykkishólmur(スティッキスホールムル)の港で車中泊をした僕は、次の目的地のAkureyriアークレイリ)を目指しました。

 

StykkishólmurからAkureyriです。

アークレイリはレイキャビクに次ぐアイスランド第2の都市です(それでも人口は17,000人ほど)

 

まずは朝食を作ることに。

作るといっても、BONUSで買ったモノをそのまま口に放り込むだけなのですが……。

(ちなみに右にある3つのツナ缶。缶切りが必要なタイプを買ってしまい、アイスランド滞在中に食べることはできませんでした笑)

 

立派な朝食の完成だッ!

ハムとソーセージの封を切ってしまったけれど、夜のアイスランドは5℃まで下がるので腐ることはないだろう!!

 

近くのガソリンスタンドで顔を洗う。

温かいお湯で顔を洗ってスッキリ爽快ッ! なにか店内で買わなければいけない気持ちになりましたが、お金がないためソソクサと退散しました。

 

羊さんと遭遇ッ!

かわいいですなァ……。たまーに道路に飛び出してくるのが厄介だけど(笑)

 

今日もいい天気。

ちょっとした駐車スペースがたくさんあるので頻繁に車を停めて写真撮影♪♪

 

 

スバラシイ。

 

 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ワイルドに出てきそう。

 

 

VIVA ICELAND !!

 

Akureyri(アークレイリ)に着。

第2の都市といっても本当に小規模。商店が立ち並ぶ100mほどの通りがあるだけです。

 

泊まろうか迷っていたホステル。

「6日間連続車中泊はキツイかな、1日くらいベッドで横になろう」と思っていましたが、1泊6500円ほどしたので辞めました。

 

美しい港町。

空の抜けるような青さと、海の深くて重い青さのコントラストが美しい。

 

早めに着いてしまったので散歩。

StykkishólmurからAkureyriまでは特に見所がないで車をすっ飛ばして来たのです。

 

お待ちかねのプール。

6日間連続車中泊を実行する決定打となったのが、アイスランドの街に必ずある『プール』の存在ですこのSUNDLAUG AKUREYRARは料金750クローナ(750円)と格安なのに、温水プールやサウナもあるのです!!

シャンプとリンスー、着替えと水着、洗剤も持っていき着ていた服を洗いました。

(施設内は写真撮影不可)

 

鳥さんを発見。

シャワーを浴びてサッパリとした後は、ガソリンスタンドで休んでいました。

 

鳥さん飛び立つ。

今日の予定は終えたので、早めに寝る準備をすることに。

 

今日の寝床はコチラ。

アークレイリ市内から少し離れたところにある『N1』というガソリンスタンドの敷地内でした笑

後部座席で横になりながらLonely Planetを読み、明日のスケジュールを決めることに。

3日目は温泉に行き、滝を見て、火山口に登るぞッ!!

 

 

3日目に続きますッ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*