〔248〕男一人でアイスランドを一周した7日間【5日目】

 

どうも、SAISHUです。

『Höfn』の港で1泊した僕は、氷河があるJökulsárlón(ヨークルスアゥルロゥン)を目指しました。

 

本日のルートはコチラ。

目的地は『Vik』という街。氷河のJökulsárlónは1号線(リングロード)沿いにあります。

 

5日目は朝から快晴。

いつものように食パンにハムを載せて朝食の出来上がり。足りないエネルギーはリンゴやスニッカーズで補いました。

 

Höfnの海岸線を見に行く。

こんな贅沢な朝散歩がかつてあっただろうかってくらい、気持ちのイイ朝でした。

 

夏のアイスランドは最高です。

「氷の洞窟」や「オーロラ」が見れる冬もいつか来てみたいなァ……。

 

しょっちゅう写真撮影。

あとから写真を見返すと同じような風景ばっかりなんだけど、その時々は「この一瞬を写真に収めなくてはッ!」という思いに駆られているのです。

 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ワイルドに出てきそう。

 

素敵なベンチ。

 

Jökulsárlón(ヨークルスアゥルロゥン)に着ッ!

車を降りると冷気が吹き込んできました。さすが氷河だけあって、辺りは一気に冷え込んでいます。

 

氷河ツアーがあります。

砕氷船に乗って氷河を漂うのです! 値段が高いので参加できませんが……。

 

 

おッ!!

 

 

氷河だッ!!

 

 

すげぇ寒そう笑

新婚さんのようで記念撮影をしていました。なかなか納得が行く写真が撮れなかったのか長時間薄着のままでいたけど風邪ひきそう笑

 

氷河は急速に後退しています。

湖(ラグーン)は氷河期から存在していたようにみえますが、たったの80年前にできたものです。それは年々拡大しています。

 

氷河は海へと流される。

この川は「Jökulsá」といって、アイスランド最短の川です。

 

美しい水の色。

あまりの美しさに、いつまでも眺めていました(めちゃ寒いけど)

 

(↑↑動画です↑↑)

 

流された氷を追いかける。

川によって流された氷河は海へ辿り着きますが、波によって浜辺へと押し戻されます。

 

めちゃ冷たい。

ウィスキーとコップを持参して、ハイボール氷河割を作ってる人がいました。

 

こちらはFjallsárlón(フィヤトルスアゥルロゥン)

Jökulsárlónからスグのところにあります。とってもキレイなのだけど、身体が底冷えしてきました(ユニクロのウルトラライトダウンでは寒かった)

 

天気はポカポカ。

だけど身体はキンキンに冷えている! 長時間、氷河を観察していたからだ!

 

ということでプールへ笑

まだ真っ昼間だというのに来ちゃいました! だって気持ちいいんだもの!

 

プールの場所はMAPS.MEで調べました。

HöfnからVikへの途中にあるKirkjubæjarklaustur(キルキュバイヤルクロイストゥル)のプールに行きました。人口がたった120人のこの町にも立派なプールがあるのですが、あまりにも小さな町のため膨大な情報量を誇る「Lonely Planet」ですらプールの記載はありません。

 

この看板があるところにプールあり。

水泳用の温水プールの他に円形の温水プールが数個あり、みなさんぬくぬくしておりました。

(たしか値段は800円ほど)

 

洗濯物を乾かす。

プールに行ったときは洗濯物を石鹸でゴシゴシして洗っています。乾かす場所は後部座席の上です笑

(運転中に窓を開け、風を取り込んでなんとか乾かしていました)

 

まるで別の星に来たかのよう。

観光地として知られていないところでも、そこら中に新しい発見が待っているのです。だからこそ、アイスランドはバスツアーに参加するのではなく、レンタカーで旅することを強くオススメしますッ!!

 

小刻みにガソリンを入れます。

ガソリンスタンドはそこら中にあるのですが(無人もあり)、念のために頻繁に入れていました。

(95がレギュラーガソリン)

 

ICEWEARでお買い物。

目的地の『Vik』に着きました。車をテキトーなところに停め、市内を散策することに!

 

VikのICEWAREは大型店舗。

2階にクリアランスセールの商品がありました。ふむ、いくらするんだい??

 

半額だけど10700円……。

「アイスランドの思い出として買っちゃおうかな!」という気軽な気持ちで買える値段ではない。それにクオリティはあまり高くないように感じた。

 

パフィンのカップがカワイイ!

アイスランドの旅が終わって日本に直帰するなら買ってましたけどね……。まだまだ旅は続くのです。

 

 

花を鑑賞し、

 

 

教会をふらついて、

 

 

Black Sand Beachへッ!!

(砂が黒いのです)

 

本日の寝床はコチラ!笑

相棒のSuzuki Swiftが寂しそうに佇んでいるなァ笑 5日目ともなると、だいぶレイキャビクの方に近づいてきました。リングロードを往来する車の数がグンっと増えたし、観光バスも多く見かけるようになりました。

 

6日目の予定をLonely Planetを睨みながら考える。

よし! 明日は墜落した飛行機を見て、滝の裏側に周り、温泉に浸かるぞッ!!

 

 

6日目に続きますッ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*