〔179〕世界の遊具 in ソフィア&スコピエ

 

どうも、SAISHUです。

 

企画「遊べ! 世界の遊具」の第12弾です。

今回はブルガリアのソフィアとマケドニアのスコピエの遊具を一気に紹介します。

 


ブルガリア。


場所はSouth Park.

市内中心からは徒歩40分ほどのところに位置しています。

 

独特の人形さん。

円形の台座の部分がクルクル回ります。

この人形はブルガリアのトラディショナルなものなのかしら……。

 

緑がキレイ。

この公園はたくさん遊具があるわけではないのですが、広大なフィールドに彩度の高い豊かな緑が美しい。

 

複合遊具もありました。

スベりが良さそうな滑り台。

いつからだろう、大人が滑り台で滑らなくなるのは。

 

やっと来た、滑車遊具ッ!

そういえば今まで滑車遊具は1つもありませんでした。僕の子供時代のお気に入りは、コロコロすべり台と滑車遊具の2強でしたッ!

 

楽しそうッ!!

僕も「シャーッ」ってやりたかった。子ども達が「次は俺! 次は私!」って騒いでるから無理だったけど。

 

滑車中の女の子を追いかける男の子。

いい絵だなぁ……。僕も全速力で女の子を追いかけたい!

……。

 

 


マケドニア。


場所は赤いピンのとこ!

市内中心からは徒歩15分ほど。川沿いの道では上半身裸のオッチャン達がランニングやサイクリングをしておりました。

 

THE 複合鉄棒群ッ!

トレーニングをしている先客がいました。背中だけだとわかりにくいですが、このゴツイ人、なんと女性ですッ!!

(写真を撮るのが怖かったので、枚数は少なめです)

 

庭に置きたい形。

黄色と赤のバランスもよし。

ゴツイ女性の視線が怖いのでさっさと済ませましょう。

 

手にかかる負荷が気持ち良し。

彼女のトレーニングの邪魔をしてはマズイので、さっと10回懸垂をして去りました。

腹筋バリバリに割れてたなァ……。

 

 

まとめ。

大きな公園に行かないと、今まで紹介してきた遊具たちよりもショボいものしか見つからなくなってきました。

さらに、子どもが遊んでいる周りには必ず保護者がいて、僕がplay ground(遊具のエリア)に侵入すると、「あなた何やってるの? ここは子供専用よ」という視線を浴びせてきます。

(実際に言葉で言われたことはありません)

 

あぁ、ミャンマーのヤンゴンような公園はもうないのかなぁ……。

 

〔79〕世界の遊具 in ヤンゴン。

 

 

 

〔179〕世界の遊具 in ソフィア&スコピエ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*