〔271〕ヨーロッパ最古の都市「カディス」をふらっと散策。

 

どうも、SAISHUです。

カディスは大西洋に面する港湾都市。紀元前より貿易港として栄え、現在も工業製品やぶどう酒など様々な商品が積み出されている。(Wikipedia参照)

 

カディス(Cádiz)は半島に位置しています。

この半島に、美しいビーチがいくつもあるらしい……!!

 

さっそく半島を探索。

人口12万人ほどの小さな街「カディス」。メインストリートはヒトがまばらで、外国人観光客よりも国内旅行で訪れているスペイン人が多い印象でした。

 

半島をぐるっとできる散歩道。

のんびりしていますなァ……。日差しはそれなりに強く、肌がジリジリと焼けていくのを感じました。それでもモロッコに比べればカラッとしていて気持ちイイ。

 

すごい船の数ッ!

誰も乗ってないってことは係留所なのかしら。遠くにある船までどうやって行くのかな……。

 

着いたッ! プラジャ・デ・ラ・カレータ(La Playa de la Caleta)

カディスの全住人が集結したかのような賑わいを見せていたッ!

 

恋人と来たいものですなァ。

マルタのブルーンラグーンに行ったときにも思ったけど、ビーチが美しければ美しいほど、男一人は惨めなキモチになるのです笑

 

〔217〕おっさん1人でコミノ島のブルーラグーンへ。

 

 


そして、セビリアまでのチケットを買いに駅へ……。


駅には自動販売機があります。

アプリのGo Euroだと手数料がかかるため、直接駅で購入したほうが安いのです。

 

Sevilla(セビリア)までのチケットをGETッ!

お値段は16.05ユーロ。1時間40分の道のりです。

 

さらば、カディスっ!!

モロッコで体調を崩したのがなかなか治らずホステルで寝てばかりだったので、カディスの観光は思う存分できませんでした。

もっと歩き回りたかったなぁ……。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*