〔141〕フライドバイで「コロンボからドバイ経由でエレバンへ」

 

どうも、SAISHUです。

 

僕は「スリランカのコロンボ」からドバイ経由で「アルメニアのエレバン」に移動しましたッ!

 

右下のハートがスリランカ。

青の丸がドバイ。

左上の黄色がアルメニア。

 

一気に移動したなァ。

それでは振り返りましょう!!

 

 

空港行きのバス乗り場へ。

番号は「187番」でした。

(遅い時間だと走ってないおそれがあったので、18時に行きました)

 

場所はコロンボフォート駅の向かい側。

「Pettah」のバス乗り場です。

近くのお店の人に「airport?」と訊いて教えてもらいました。

 

ガソリンスタンドに寄る。

日本じゃ考えられませんが、海外のローカルバスはしょっちゅうガソリンスタンドに止まります。

 

空港近くのバス停に止まりました。

夕方頃のコロンボは激混みで、市内からココまでくるのに2時間30分かかりました……。

料金は100ルピー。73円。

(400ルピーで高速に乗って空港まで行くエクスプレスバスもあるそうです)

 

トゥクトゥクに乗り空港へ。

歩いて空港まで行けない距離でもないけど、バスでどっと疲れていたのです。

(100ルピー。73円)

 

Departureに着。

Arrivalは隣のゲートです。

つい10日前にココに降り立ったことを思い出しました。

 

プライドバイにチェックイン!!

出発3時間前からチェックインが始まりました。

ダッシュで先頭に並びます。

(早くラウンジに行きたいからね!)

 

VIVAラウンジっ!!

ラウンジの場所は事前にPriority Passのアプリで調べてあります。

(パッと見だと、どのラウンジがPriority Passで入れるのかわからないのです)

 

快適なソファーでございますッ!

午後10時半に行ったときは混雑していましたが、香港行きの搭乗アナウンスが流れたあとはグッと空きました(笑)

 

フードコーナー!

カレーにナン、チキンにパスタに鶏肉料理と充実した内容。

 

VIVA ALCOHOL !!

スリランカビールのライオンビアーに加え、カールスバーグにハイネケンも無料で飲めます。

ハッハー!!

 

ココに住みたいでございますッ!

フィッシュとチキンとパスタを頂きました。ライオンビアーも飲んでご満悦。

花粉症の薬(睡眠薬代わり)をビール後に投入し、これからのフライトに備えました笑

 

どわっ! シャワールーム!!

バスで汗ビシャになって脇の下からイヤな臭いがしていたのでシャワーを浴びたかったのですッ!

なんと無料でした!!

 

清潔なタオルと泡立ちが良い石鹸をGET。

フライトの前にシャワーを浴びれるのは最高だなァ……。

ちなみに空港にはトランジットホテルがあり、15米ドル払えばシャワーを浴びることができます。

(プライオリティパスを持っててよかった)

 

搭乗開始。

3列シートが左右に2つの構成。

チェックインを3時間前にするようになってから「座席を通路側でお願い」と頼むようになりました。

早い時間ならば融通も利かせてくれるのです!

 

映画を見るにはマネーが必要。

格安LCCでは追加料金式が主流ですからね。映画を見るには35AED(1,000円)でした。

(もちろん払ってません)

 

ドバイに着ッ!

着いたのは午前4時半。

コロンボから4時間のフライトでした。

アルコール+アレロックのコンボで寝れました)

 

外はまだ夜明け前。

灼熱のドバイといえども朝方は涼しかったです。

出発ゲートは到着ゲートを出て左にあります。

 

高級車発見ッ!!

フェラーリかな? と思って近づいたらポルシェでした。

 

アルメニア行きのチェックインまで待つ!

「スリランカからドバイ」「ドバイからアルメニア」と、2つともフライドバイの移動なのですが、別日に予約したため1回入国することになりました。

空港の周りに何かあったら見てみたいなと思っていましたし。

(結局なんにもありませんでした)

 

ほぼフライドバイのための第2ターミナル。

第1ターミナルは主要な国際線、第3ターミナルはエミレーツ航空専用。そして、第2ターミナルは格安航空専用です。

(第2は陸の孤島と言われていて、ほかのターミナルへの連絡バスもないし、市内へのメトロも通ってません)

 

All Flights。

ほぼフライドバイしか運行していないので、3時間前にチェックインが開始されたらどこに並んでも良いのです。

 

ココでハプニング発生ッ!!

チェックインをして、ミレーのバッグを預けようとしたら「You have to wrap this bag.」と係の人に言われました。

今まで包装なんて必要なかったのに。

 

ミレーがぐるぐる巻きに。

この包装のお値段、なんと25AED(8米ドル。900円)

マジ高い……。今度はサランラップを持ってって自分でやる。

 

さらば、ミレーちゃん。

係の人に聞くと、ドバイ出発のスーツケースではない荷物に包装が義務付けられているそうです。

リュックを持ってるのなんてバックパッカーしかいないのに! なぜ貧乏人から金を取るのだ。

 

プライオリティパス再びッ!!

ラウンジに入る前にチラッと周りの飲食店を視察しましたが、どれも値段がお高め。

もうプライオリティパスなしでは生きていけません。

 

VIVAラウンジでございますッ!

LCC専用の第2ターミナルにもラウンジがあって助かりました。

エミレーツ航空専用の第3ターミナルのラウンジは桁違いなんだろうなァ。

 

ココに住みたいでございますッ!

朝だからなのか、おもいっきりブレークファースト仕様のビュッフェ。

オレンジジュースを1リットル流し込みました♬

 

アルメニアに行く人々。

日本からアルメニアに行くとしたらドバイ経由になるのかな?

1年間に日本人は何人アルメニアに行くのだろうか……。

 

晴れて気温が上がってきました。

今回、ドバイは観光せずに乗り継ぎだけになりました。

理由はそんなに見たいものがないからです。

(ドバイモールは行きたかったけど)

 

 



3時間の空の旅を終えて……



 

 

アルメニアのエレバンに着ッ!

ここでVisa On Arrivalを申請します。

21日滞在のVISAが3,000ドラム(750円)

 

来たぞ! アルメニア共和国ッ!!

実はアルメニアに来ようと決めたのは2週間前。イランに住んでいる友人に会うためなのです。

ホントは友人に会いにイランに行きたかったのですが、もしイランに行くと、今度アメリカに行くときにESTAだけでは入国できなくなってしまうのです

ということで、彼が気を利かせてアルメニアに来てくれることになりました。

 

 

おわりです!

全く情報のないアルメニア。

いったいどんな国なのかッ!?

ちょっぴり不安です(笑)

 

スリランカ⇒ドバイは13,741円

ドバイ⇒アルメニアは18,480円。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*