〔240〕ダブリンをふらっと散策。

 

どうも、SAISHUです。

ダブリン到着日は、地図を見ずにフラフラ歩き回りました。

 

ダブリンの商店街。

活気があったロンドンから来たので、ダブリンの第一印象は「とても静かな街」でした。

 

ストリートミュージシャンの女の子。

めちゃくちゃ歌が上手かった。僕はポンドの硬貨をチャリーンとギターボックスに入れました。

(もうポンドは必要ないため)

 

Goodな名前のスーパーっ!

アイスランドというには暖かそうなお店の佇まいではありませんか!

 

ARAN SWEATER MARKETッ!

オシャレな店内にモコモコしたセーターが陳列してありました。次に行くアイスランドの防寒着として買っちゃおっかなーと思いましたが、日本でセーターを着たことがないのを思い出し辞めました笑

 

アヒルさんあらわる。

ひょっこり池から上がってきた姿がキュート。そういえば「外国の動物フレンドたち」の第3弾をまだやってなかった。

 

ダブリン大学(トリニティ・カレッジ)

このトリニティ・カレッジの図書館が世界的に有名なのです。

なぜならばッ!!

 

この図書館には世界で最も美しい本と言われる『ケルズの書』があるのです。

また、図書館自体も荘厳な空間を有し、まるでハリー・ポッターの世界を体験できるのだとか!?

(僕は外観だけで満足。だって、ハリポタ見てないもん)

 

野生の牛はいつの間にか銅像の牛に。

インドを思い出す……。バラナシでは牛の糞を踏んだことも思い出される。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*