〔68〕孤独のラオスグルメ。

 

どうも、SAISHUです。

 

2017年3月10日。

ラオスの旅も終わりが見えてきました。

ということで、「孤独のラオスグルメ」をお送りします。

 

写真とテキトーにつけたキャッチコピーを見て、お腹を空かせてください。

 

「コメは餅米! ラープ・カイ!」

 

ラオスを代表する料理、ラープ・カイです。

鳥肉やレモングラス、香草などが入っていて、肉料理というよりも野菜料理に見えるくらい緑が目立つ。

コメはもっちもちの餅米。

 

「コメは餅米! 野菜と肉の炒め物!」

 

ヴィエンチャンのオシャレなレストランで食べました。

創作料理っぽいので名前はわからず。

味は美味しいが、コメが餅米。

餅米じゃないのをよこしなさい。

 

「ほぼミートソース! ルアンパバーンスタイル・スパゲッティ!」

 

宿近くのレストランで注文。

現地の名前が入っている料理に弱いため頼んでみると、ちょっとスパイシーなミートソースでした。

味はとても美味しい。

 

 

「肌荒れのときに食え! お腹にやさしいライスヌードル!」

 

フォーよりも太麺。

テーブルの模様でわかるとおり、宿近くのレストランで注文。

 

「ピリ辛ラーメン? カオソイ!」

 

宿近くのレストランで注文。

ルアンパバーンの名物麺。

ピリ辛のライスヌードルで、とても美味しい。

宿近くのレストランはサイコーだった。

 

「さすがフランス! フランスパン!」

 

ラオスは元々フランスの植民地。

あちこちの屋台でフランスパンのサンドウィッチが売られています。

そして、このフランスパンがマジで美味い。

お値段も140円。

 

「もうチャーハンとは言わないよ! フライドライス!」

 

タイでもラオスでも食べまくっているフライドライス。

ナンプラーの味がたまらん。

 

「のどごし爽やか! ビアラオ!」

 

現地のビールは必ず飲むことにしています。

ビアラオは味わい深く、後味スッキリ飲みやすい。

大瓶もあっという間に飲んじゃいました。

 

 

 

さてさて、こんなものでしょうか。

 

今回ラオスで良い出会いがあり、孤独ではなく4人で食べたりもしています。

彼らのことは、おいおいどこかで紹介できたらなと思っています。

 

 

次は、「孤独のミャンマーグルメ」!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*