〔350〕アマンヤンユン旅行記 ~さよなら、豊かな雲~

どうも、SAISHUです。

アマンヤンユンとは「豊かな雲」の意。

雲とのお別れが迫ってきました。

 

 

アマンヤンユンの「ARVA」

朝食はこちらでいただきました。

テーブルに載っている食材は食べ放題。メニューのものも頼めます。

 

おいしそうなサーモンっ!!

たんまりあるのでたんまり頂きましたッ!

 

「ARVA」からの眺望。

うっとりする美しさ。

ここから見える景色は緑が多く、ほんとうにリラックスできました。

 

「AMAN」のラテアート。

最初のAが欠けてしまっているけど、味は美味ッ!

 

 

アマンといえば畑。

インドネシアのアマンジヲにも畑がありましたが、アマンヤンユンにもありました。

新鮮な野菜はArvaで提供されているのでしょうッ!

 

無料のアクティビティに参加しました。

ホントは1回1万円するアクティビティですが、キャンペーンのために無料だと聞いていたのです。

VIVA Complimentary!!

 

書道は苦手です。

小学生のころの書初めは一発書いて終わりにしていました。だって、何度書いても字がうまくならないんだもの。

(でも無料だから挑戦してみましたッ)

 

先生、うます。

きっと左手の添え方が重要なのですね。

 

意外と上手にみえる。

先生が左、僕が右。

久しぶりにやったけど、書道って楽しいですなッ!!

 

ターンダウンが終わるとアマンヤンユンのバッグが♪

書道を終え、夕食で腹を満たし、満足気で部屋に帰ると置いてありました。

お土産にピッタリの品物ですが、もちろん自分が使いますッ!

 

豊かな雲。

アマン京都がOPENしましたので、アマンヤンユンは「最も新しいAMAN」ではなくなりました。

それでもケリー・ヒルがデザインしたストーリーある建築は素晴らしく、まさしく平和を匂わせるアマンそのものでした。

 

ちなみにLuggage Tagがブティックで売っていました笑

アマンに宿泊すると、チェックアウトの際にもらえるラゲージタグ。

ヤンユンでは1つ3千円で販売しておりましたッ!! 

 

 

 

yutodusoleil 登録者

«          »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*