〔173〕観光客がいないカッパドキア。

 

どうも、SAISHUです。

 

詐欺師だらけのイスタンブールは早めに抜け出し、夜行バスでカッパドキアへ移動しました。

 

バスはシッカリとした作り。

乗り込むやいなや靴を脱いで脚を伸ばしていると、係員に「靴を履きなさい」と注意されました。

なんだなんだ? と思い、かかとを潰して靴を履くと「ちゃんと靴を履け!」と再度注意をうける。

いやいや、靴履いとるやんけと抗議すると、乗客の一人がスマホを持って近寄ってきました。画面を僕に見せてきます。

 

No Shoes is not allowed(靴を履かないのは許されない)

 

な、なぬ!!

周りを見渡すと、みなさん靴をシッカリ履いている!!

このあとわかりましたが、バスの中で靴を脱ぐのはマナー違反だそうです。

しぶしぶ足を靴に収めると、係員が消臭スプレーを僕の足めがけて噴射するではないかッ!!

 

そんな臭くないってッ!!

 

みんなが僕の足を見る。臭くないのに。

サンダルを履いてたらどーするのだ??

 

猫ちゃんがお出迎え。

イスタンブールからカッパドキアは夜行バスで12時間ほど。途中で休憩が3回ありました。

 

カッパドキアは広いです。

見どころは3つに分かれていて、レッドツアー、グリーンツアー、ブルーツアー!

レッドツアーは近場なのでバイクを借りて観光することに。

 

めちゃくちゃ気持ちよい。

通行量が少ないカッパドキアの道路を80kmでかっ飛ばす!!

日本に帰ったらバイク欲しいなぁ……。ド田舎の群馬や岐阜を爆走したいッ!

 

ヘンテコな岩だらけ。

ちょっと走れば目の前にこんなかんじのがウジャウジャあります。

バイクだとすぐに立ち寄れるからイイですね!

 

豪雨になり避難。

ポツポツと降り始めた雨はあっという間に雷雨になり、バイクで爆走中の僕を襲ってきました。

風が強くなり、道も滑りやすくなって危険なのでほら穴(?)に避難しました。

 

公園散策。

鴨が脚をバタつかせて泳いでいる姿が可愛かった。

(詳細は「外国の動物フレンドたち3」で紹介します)

 

丘からの眺め。

オレンジ色の屋根を見ると、「お! ヨーロッパっぼい!」と感じる。

(トルコはまだアジアだけど)

 

お土産は気球。

カッパドキアは早朝に気球に乗るのが大人気。

ISのテロの影響で観光客が減っているため、価格は下落しているらしいです。

(1人90ユーロ)

 

マクドナルドも気球。

それよりも白雪姫が気になる。

デカい鳥も気になる。

 

早朝のバルーン観察ッ!

宿から歩いて10分ほどの小高い丘から、いまにも飛び立ちそうなバルーンたちが見えました。

 

 

飛んだッ!!

 

 

綺麗だなァ……。

 

 

90ユーロの人たちが飛んでいる。

(僕はケチったので下から見ただけ)

 

なかなか飛ばないバルーンちゃん。

すっかり明るくなっちゃってるけど笑

まさか2つが連結して飛ぶんではあるまいなッ!? と見ていたら、さすがに別々に飛んでました。

(あたりまえだけど)

 

 

おわりです。

テロの影響で観光客が減りまくっているトルコ。カッパドキアもそれは顕著で、昼間にメインストリートを歩いている人が全然いなかった。

カフェでコーヒーを頼んだら「君が今年初めての日本人だよ」と言われたほど。

バルーンはほぼ中国人の団体さんだと思われる。

 

観光業に携わっている人にとっては死活問題だけど、カッパドキアの落ち着いた雰囲気はとても居心地が良くて、ダラダラと4泊もしてしまいました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*