〔153〕トビリシの公衆浴場「ハマム」で汗を流す!

 

どうも、SAISHUです。

 

ジョージアのトビリシには「ハマム」という公衆浴場があります。

湯船に浸かれるということで行ってきましたッ!!

 

場所は赤いピン。

「Sulfur baths」というところです。

最寄り駅はAvlabari

 

ドーム状の建物が目印。

近くにいくと硫黄の匂いがします。

このドームが暖かいのか、寝そべっている人がいました。

 

No.5に入ります。

なかなか人気のようで客が途絶えません。

(観光客より地元の人が多い印象)

 

階段を降りていくと受付があります。

僕は正直ビビっていました。

ハマムにはゲイが多いとの情報があったのです!!

 

Public for men 1h is 3lari !!

公衆浴場は1時間3ラリ(150円)です。

タオルの貸出もやっています(1-2ラリ)

 

MASSAGE IS 10 LARI。

500円払えばマッサージもしてくれます。

PILLINGはアカスリのことだと思われる。

(アカスリはいいけど、裸の状態でマッサージってなにするの?笑)

 

男性浴場はコチラ。

ココからはもちろん撮影不可!!

(したくもありません)

 

 

中に入るとロッカーがありました。

服を脱ぎ、スッポンポンになったら浴場に移動します。

垂れ流しのシャワーで身体を洗い、湯船に浸かります。

 

と、ココで太っちょのオジサン2人が言い争いにッ!!

何言ってるのかわからないけど、ドンドン声が大きくなって殴り合いに(笑)

周りの人が止めようとするけど猫パンチの応酬は止まらずッ!!

お互いに3発ほどクリーンヒットをもらったあと、受付のゴツいオッチャンが登場して場が収まりました。

 

お互い怪我はない様子。

足元が滑りやすいので腰の入ったパンチは打てなかったのでしょうッ!!

 

と呑気に笑ってたらゲイっぽいオッチャンに話しかけられるッ!

Do you speak English?

No!

にやつくオッチャン。股間を隠す僕。にやつくツンツルテンのオッチャン。逃げる僕。

 

ということで、はやめに上がりました(笑)

安宿はシャワーしかないので、かなり久しぶりの湯船でした。気持ちよかったなァ。

(たぶん、バングラデシュのクルナの高級ホテル以来)

 

ゲイのオッチャンが怖いけどオススメですッ!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*