〔136〕ジョブズ on シギリヤロック。

 

どうも、SAISHUです。

 

企画「読破! スティーブ・ジョブズ」の第7弾です!!

 

ジョブズを読むにふさわしい場所、それはシギリヤロック!!

頂上まで振り返ってみましょうッ!!

 

 

夕暮れ時には野生の象が出没します。

す、すげーなシギリヤ!!

野生の象に出くわしたいなァ♬

 

チケット売り場に着。

ゴールデンウィークが始まった影響で、たくさんの日本人が観光に来てました。

 

チケットを購入。

お値段30米ドルッ!(3300円)

た、高ぇ。タージ・マハルですら1700円なのに……。

 

いざ、シギリヤロックへッ!

このへんはガイドがたむろっていて、かなりしつこく営業をしてくると聞いていました。

ところが誰も「ガイド?」と言ってこず。GWでたくさんの日本人が来ていたため、すでに彼らはお客さんをGETしていたみたいです。

(日本語が喋れるガイドは3~4人らしい)

 

シギリヤロックさんじゃないですかッ!!

朝の8時頃に行った時は、逆光でキレイに撮れませんでした。

(写真を撮るなら夕方がいいのかも)

 

前には日本人とガイド。

前からも後ろからも日本語が飛び込んできました!

さすがゴールデンウィーク!!

 

おっほっほー!

崖にむりやり作ったような階段を歩きます。

螺旋階段を登ったところでシーギリヤ・レディのフレスコ画を見ることができます。

(写真撮影不可でした)

 

表面がツルツルのミラー・ウォール。

鏡のような光沢があるためこの名が付けられたそうです。

しかし、よく見るとイタズラ書きが目立ちました。

 

頂上まであと少しッ!!

午前中にも関わらず温度はグングン上昇していて、ココに着くまでに汗ビッショリ!!

(入り口から頂上まで一切お店はありません。事前に水を買っていかないとフラフラになります笑)

 

頂上付近の階段。

上りと下りで2つの階段があります。

途中で疲れ果てたオバちゃんがいたので片方通行止めになってました(笑)

 

頂上に着ッ!!

爽快な気分だなァ。

たった40分ほどの登山(?)なのに達成感がスゴい!

 

5世紀の後半、ここに王宮がありました。

そのあと埋没し、再び発見されたのは1400年後の19世紀なのです。

ちょっと見つからなすぎじゃないか?(笑)

 

王のプール。

シギリヤロックの頂上でプールに入れたら気持ちいいだろうなァ。

たまにはプール付きの宿に泊まって泳ぎたい……。

(カナヅチです)

 

いよいよジョブズの出番だッ!!

よーし読むぞー!!

 

シギリヤロックにはジョブズ。

 

 


養子に入ったジョブズは……。


 

 

暑くて読めん!!

(汗で本が汚れるのでやめました)

 

 

読破状況。2017年5月1日。

「前回と変わらず」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*