〔334〕ハワイで山登りッ!「ココヘッド・トレイル」

 

どうも、SAISHUです。

 

ハワイといえば、青と白の強烈なコントラストのビーチを思い浮かべますが、実はトレッキングコースも豊富にあるのです。

今回はその1つ、「ココヘッド・トレイル」に行ってみましたッ!

 

場所は、オアフ島の右下のほう。

ワイキキから東にずーっと行きまして……、

 

Hanauma Bay Nature Preserve」の近くにありますッ!

Koko Crater Railway Trailが、「ココヘッド・トレイル」のことです。

 

バスを降りて、早速ココヘッドを目指します。

標高368mの小高い丘には、第二次世界大戦時に使用されたというレール跡があります。

 

ココヘッド・トレイルの入り口を目指してズイズイ進んでいると……、

 

電線に靴がぶら下がっているッ!

明確な理由は検索しても出てこず。一説によると、登頂したヒトが『登頂記念』に靴を投げていくのだとか……。帰りは裸足なのか?

今では、この靴がココヘッド・トレイルの入り口の目印と紹介されています笑

 

WARNINGとな。

じっくり読んでみましょうかッ!

 

Tramline Is Steep And Not Maintained.

If you proceed, be alert! If you trip or fall, you could be seriously injured or killed.

IF IN DOUBT, STAY AWAY.

トラムラインは傾斜が厳しく、メンテナンスされてないよ!

もしトレッキングを始めるなら注意してね! もし滑り落ちたら重大な怪我をするか、ヘタすると死ぬよッ!

 

WARNING TO HIKERS

Climbing the Tramline can be exhausting and physically challenging.

Be prepared with water, shoes, and sun protection. Drink often to avoid dehydration and heat exhaustion.

Watch your step. Step with caution and go slow. Rest Often.

A misplaced step could make you slip and fall.

For your safety, stay on the Tramline at all times. Shooting Range directly below the Tramline.

登る者に警告する!

登山は疲れるものであり、体力のチャレンジである。水は用意したか? 靴は履きなれているか? 日焼け止めは塗ったか?

水を頻繁に飲むことで、脱水症状や熱射病を防ぐことができる。

足元に注意せよ。ゆっくり行け。適度に休め。踏み外したら滑って落下するぞ。

君の安全のために言う。常にトラム跡に留まれ! もし道を誤れば、近くにある射撃場から銃弾が飛んでくるぞッ!

 

 

やたら脅かすではないか。

いってもココヘッド・トレイルは、往復1~2時間ほどのトレッキングコース。

富士山や屋久島を制覇した僕にはなんてことないハズなのだ。

(射撃場から銃弾が飛んでくるってのは怖いけど)

 

さぁ、姿を見せよ、ココヘッドっ!!

 

 

 

げっ。

 

 

げげげッ。

 

 

めちゃキツイじゃんッ!

頂上へ一直線に伸びている枕木は1048段。

枕木の間隔が統一されていないので、歩きにくいったらありゃしない。

さらに、途中からはなんと……!

 

浮いてるッ!

踏み外したら「ズボッ」となり、股間を強打しかねない危険ゾーンに突入。

多くの人が座りながら慎重に橋を渡っている中、僕はスタスタと駆け足でこの一帯を通り抜けることができた。

(アドレナリンが出ていたのかも)

 

なにより写真下部を見て欲しい。

僕はキツイ傾斜のココヘッド・トレイルに、サンダルで来てしまったのだッ!!

アンビリバボー。

 

キツすぎて吐きそうになった。

富士山よりも、屋久島よりも、ニュージーランドのアーサーズ・パスにあるアバランチピークよりも、ココヘッドが一番キツかった。

ダラダラとした生活で体力が衰えていたこともあったと思うけど、日陰がないために容赦なく降り注ぐ太陽や、傾斜のキツさは類を見ない。なによりサンダルでの登山はダメ、絶対!!

 

ヘトヘトになりながら頂上へ着。

僕のように疲れ果てたアジア系の男性とデットヒート(10段上がっては5分休憩)を繰り広げながら、なんとか辿り着くことができた。

競輪選手の練習に紛れ込んだママチャリのように、僕は山ガールに抜かされまくった。

 

大の字になり天を仰ぐ。

頂上で腕立て伏せをしているバケモンの横で、ひたすら呼吸を整えた。

さて、山を登ったあとの楽しみを満喫しに行こうッ!

 

VIVA!!  絶景ッ!!

 

青い海ッ!

 

ココヘッド、最高でした。

キツイ思いをしながら自らの脚で登ったからこそ味わえる満足感が、僕を包んでいました。

やっぱりトレッキングは素晴らしい。

 

帰り道も一直線。

「往復1~2時間のトレッキングコース」という響きからは想像できないキツい道程でした。

調べてみると、ハワイのトレッキングコースの中でもキツい部類に入るのだとか……。

 

 

サンダルはダメ、絶対ッ!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*