〔232〕ロンドンはハンサムシティ。

 

どうも、SAISHUです。

 

ヨーロッパの街並みが「お洒落でカワイイ」とするならば、ロンドンは「シンプルでカッコイイ」という印象でした。

 

の2階建てバスが連なる。

街並みはシックで落ち着いているので、派手な赤バスが際立ちます。

コントラストがカッコイイ。

 

2階からの眺めは最高。

ロンドンの交通機関は日本よりも割高ですが、オイスターカードを使えばバスはリーズナブルっ!!

(市内なら200円ほどだった気がする)

 

ユニクロを発見ッ!!

ZARAやH&MがあるところにはUNIQLOもある。ファストファッション業界は熾烈な競争を繰り広げているようです。

 

でっかい中華街。

いい匂いがそこここから漂ってくる。

 

小籠包を注文ッ!!

Tripadvisorでは調べず、繁盛しているお店に入りました。

お腹ペコペコなのもあったけど、しみるほど美味かった。

 

モナ・リザのバッグ。

うーん。誰か買うんだろう!? とつい思っちゃう1品ですが、なんとLOUIS VUITTONのバッグなのです……!

 

ビッグベンのおでまし。

オシャレじゃないんです、カッコイイんです!!

 

レ・ミゼラブルの劇場。

ロンドンはミュージカルが盛んなことを忘れていました。街を歩いていると、そこら中に劇場があるのです。

レ・ミゼラブルの人気は凄まじく、チケットを手にした人々の熱気が道路の向こうから飛んできました。

 

安宿は三段ベッド……。

僕は一番下のスペースでした。ちょっとでも上の人が寝返りを打とうなら、ベッドはギシギシと震度4ほどの軋みを見せました。

この三段ベッドが小さな空間に9つ配置され、脅威の27人部屋。1泊4500円。満員。

 

 

終わりです。

ロンドンの物価は高い。だけどお金をケチっていたら何も楽しめない。

レ・ミゼラブルの劇場前の人々の熱気を目の当たりにし、僕はレ・ミゼラブルが見たくて見たくてたまらなくなりました。

「お金は使ってなんぼ」とGOOGLE検索し、大金を使った人のブログを見て自分を納得させ、三段ベッドの小さなスペースで寝転がりながら翌日のチケットを予約しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*