〔230〕世界のMARIO in ミラノ。

 

どうも、SAISHUです。

 

企画「探せ! 世界のMARIO」の第9弾です。イタリアのミラノからお届けします。

 

場所はミラノのボーリング場。

そもそもマリオはイタリア人。任天堂のゲームクリエイター・宮本茂さんがデザインを手がけ、NOA(ニンテンドー・オブ・アメリカ)で働いていたイタリア人の顔に似ていたことから、彼の名前の「マリオ」が名付けられたと記憶しています。

 

VeraとSteranoのお会計の時に発見!!

ふと周りに目をやると、そこにはMARIOがッ!!

 

マリオの身分証明書ッ!!

PATENTIとは「ライセンス」の意。

なんと書かれているのでしょうか?

 

マリオは1981年12月28日生まれ??

ということは現在35歳になる。マリオはドンキーコングのアーケード版の主人公として初登場しましたが、そのアーケードが稼働したのが1981年なのです!!

(なぜ12月28日なのかはわかりませんでした。日本で登場したのは1981年7月です)

 

 

終わりです。

ボーリング場のオーナーがマリオのファンだったのかなぁ笑

それか、彼の名前がMARIOで親しみがあったとか!!

僕は子供ができたら「真利尾」と名付けようと思っています笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*