〔322〕世界のMARIO in ビクトリア。

 

どうも、SAISHUです。

企画「探せ! 世界のMARIO」の第12弾です。今回はカナダのビクトリアからお届けします。

 

英国文化が根強く残るビクトリア。

人口は約33万人ほどの小さな街。気候は温暖で、治安も良く、フレンドリーな人々が多いため、カナダ国内でも過ごしやすい街として知られています。

 

水上飛行機の「Harbour Air

バンクーバー⇔ビクトリア間を35分で結ぶ超速な移動手段。

ネックは値段の高さ。僕が調べたときは、片道200カナダドルでした。

 

マリオを発見ッ!

マリオの他に、ルイージ、リンク、ディディコング、ピーチ姫、デイジー、カービィ、ドンキーコングが描かれていたッ!

このセンスあるペイントは、ビクトリア市内にあるゲームショップで見つけました。

 

たくましい腕を見せつけるMARIO

ルイージが左手に持っているものが気になるが、一番気になるのは、なぜルイージだけカメラ目線なのかということだ(笑)

 

悪役がズラリ。

いかにも柄が悪そうなワリオとワルイージ。そして控えめなクッパの姿。

画のモチーフは海賊だと思うんだけど、どう見てもクッパの格好は「占い師」にしか見えない。

しかもベテランの占い師ではなく、最近始めました的な初々しさが見て取れる。

首につけている数珠も、先輩占い師に「コレがあれば説得力が増すから」と、本体価格500円のパチモノを25万円給料天引きで買ってしまったものだろう。

 

やっぱり、クッパは悪役が似合うようだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*