〔185〕シュコドラを通り過ぎるのはモッタイナイ。

 

どうも、SAISHUです。

 

アルバニアの旅も終わりつつある。

次の国はモンテネグロのため、モンテネグロ行きのバスが発着するShkodër(シュコドラ)に向かいました。

(首都ティラナからモンテネグロへの直通バスはありません)

 

Durresからティラナを経由してShkoderへ。

デュラスからシュコドラまでの直通バスは13時にありました。僕は早めにシュコドラに行きたかったので、まずは頻繁にバスがあるティラナに行き、それからシュコドラ行きのバスに乗り換えました。

 

シュコドラに着。

雰囲気の良いショップが並ぶこじんまりとした街。

特に見どころはないのですが、とても落ち着ける雰囲気でベンチに座ってボーッとしていました。

 

ワンコとシュコドラ。

シュコドラにはお寿司屋さんがあり、元々バックパッカーをしていた日本人の方がシュコドラに魅了され、お店を開くことを決めたそうです。

(残念ながらお店には行ってません)

 

物価の安い国の最後の晩餐。

これからモンテネグロ、クロアチア、そしてEU圏に突入したら物価は二倍、三倍へと跳ね上がる。

アルバニアの最後の食事は、TripAdvisorで1位のレストランでステーキを食べました♬

 

その名は、Bar Restauranr Elita Shkoder.

もしこのブログを見た方でシュコドラに行かれるならば、モンテネグロへの乗り換えで通り過ぎるのではなく、是非ともこのレストランに行ってもらいたいッ!!

安くて美味くて店員さんがフレンドリーっ!!

 

安宿の猫。

朝食のパンを食べていると近くに寄ってきました。

猫はいつ見てもカワイイですな!

 

ファンタレモンの思い出。

アルバニアのお金を使い果たすために小さな食料品に行きました。手持ちのお金は79レク。ファンタの値段を訊くと90レク。自分はこれからモンテネグロに行くため79レクしかない。79レクで買える飲み物はないかと尋ねると、「なら79レクでファンタ持っていっていいわよ」と優しきオバサマ!!

 

さよならアルバニア。

ヨーロッパ最後の秘境の国。僕は行けなかったけど、北部には美しきトレッキングコースを備える山々があるらしい。

ティラナ、ベラト、サランダ、ヒマラ、デュラス、シュコドラとアルバニアを一周した今回の旅。

それでも、まだまだアルバニアの「ア」くらいしかわかってないッ!! また来たいぞアルバニアっ!!

 

 

おわりです。

素晴らしきアルバニアにも欠点はある。

それは……、

 

 

ビールがマズイ!!笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*