〔219〕ドミトリーで高級イヤフォン紛失。

 

どうも、SAISHUです。

 

僕の大事な大事な高級イヤフォンをドミトリーで紛失してしまいました。

 

無くしたのはShure社のSE215。(定価は10,500円ほど)

僕は、僕よりも音痴なヒトに人生で会ったことがないくらいの音痴なのですが、『音質』には誰よりもこだわるクセがあります。

このShureのイヤフォンは遮音性に優れていて、ノイズキャンセリング機能はないものの、外部の音を相当シャットアウトしてくれます。

飛行機、バス、カフェなどで威力を発揮し、音質も付属品のソレとは比較にならないので重宝していました。

 

 

(残ったのはケースのみ。切ない)

 

 

移動中以外に、僕は寝る時にも音楽を聴くタイプです。

(鬼束ちひろ、Salyu、元ちとせ、相対性理論、Garnet Crow、鈴木あみ、Sam Smith、Do As Infinity、Day After Tomorrowと多岐に渡るジャンルを嗜んでいます)

また、音楽以外に爆笑問題カーボーイ、ウエストランドのぶちラジ、ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル、町山智浩アメリカ流れ者などの多岐に渡るジャンルのラジオ番組を聞きこなしております。

 

日本だったらスマホのスピーカーから音を流して眠るのですが、その事件が起きた場所はドイツのドミトリー。

他のヒトの迷惑にならないよう、イヤフォンで聴いていました。

 

いつの間にかスヤスヤと眠りに入り、イヤフォンはこっそり枕の下に紛れ込み、ちょいとした気の緩みで荷物の確認を怠り、イヤフォンがないと気付いたのはベルギーでした。

 

 

(現在使っているのは、Galaxy S8付属のイヤフォン。音質はShure SE215と比べると遥かに劣る)

 

 

旅の必需品であるイヤフォンを失ったのは痛い出来事でしたが、すぐに気を持ち直して「過ぎたことは仕方ない、忘れよう♪」と前向きな思考に転換しました。

 

 

 

その翌日、モンベルの南京錠をなくしました。

(イスラエルのセキュリティチェックでもなくなったので、日本で購入した2つが紛失)

 

 

8日間ほど落ち込みました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*