〔171〕ペガサス航空で「テルアビブからイスタンブールへ」

 

どうも、SAISHUです。

 

僕はイスラエルのテルアビブからトルコのイスタンブールにペガサス航空で移動しました。

出国も世界一厳しいといわれるベン・グリオン国際空港……。果たしてどうなったのかッ!?

 

朝5時半に宿を出発!! 

まだ薄暗い旧市街をズイズイ歩きます。

ちょっと怖いので早歩き。

 

ベングリオン国際空港第三ターミナルまで直通バス「485番」に乗るッ!

ネットで調べていたら、今年の2月から就航した便利なバスを見つけました。

検索で引っかかるように「エルサレムからベングリオン空港 行き方」と書いておきます笑

 

バス停はバスターミナルの横。

バスターミナルの中ではありません。バスターミナルを出て左に歩いて行くと、さきほどの看板が見つかると思います。

 

快適な車内。

バスは24時間運行です。6時5分、7時5分、8時5分と中途半端な時間にやってきます。

(15シェケル。450円)

 

空港に着ッ!

僕は緊張していました。世界一出国審査が厳しいベングリオン空港では何を訊かれるのだろうかと。

 

3時間前にチェックインカウンターに行き、荷物を預けようとすると、「まずはあそこで検査を受けてきて」と言われます。

振り返ると検査官に口頭で質問を受けている人々が……。

「まーた面倒くさいことにならないでくれよ」と祈りながら、踵を返し向かうことに。

 

僕の番。

イスラエルに来た目的は?

サイトスィーン

 

イスラエルのどこに行った?

エルサレム、ベツレヘム、デッドシー。

(パレスチナ自治区のベツレヘムをきちんと答えたのは、スマホの写真を見せろと言われたら、行ったのがすぐにバレてしまうからです)

 

何日滞在した?

5days

 

OK.

オーケー?????

 

 

意外とすんなり終わり、もう一度チェックインカウンターへ。

ココではあなたの荷物を預かれないから、あそこで検査を受けて。

 

指差す方向を見ると、コワモテの検査官が荷物をチェックしているブースが。

「こっから長いんだよなァ」とため息をしつつ向かいます。

 

ドンっ、と荷物を置くと、

I will wrap your bag. you can go.

 

バカなッ!

荷物の中身を出して、変な機械でバカみたいに検査するんじゃないのか? バカみたいに!!

 

 

お、オーケー?

No problem. your bag is going to Turkey.

 

…。

……。

………。

 

 

出国楽チンじゃん!

 

 

開放感がスゴい。

フツーの出国手続きなんですけど、あのイスラエルの空港で自由の身になれるとはッ!!

免税店も見れるし、もちろんラウンジにも行ける!

(Duty FreeでGALAXY S8を買いました)

 

そしてラウンジへ。

ジョージアの空港では行くことが叶わなかったラウンジ。

腹が減って仕方がないぞッ!

 

ココに住みたいでございますッ!

朝だったので料理はたいしたことありませんでした。

GALAXY S8の設定をしていたら、あっという間に搭乗開始のアナウンス。

 

いざ、トルコのイスタンブールへ!

ペガサス航空はトルコの激安航空会社。

(写真は到着時のモノです笑)

 

さよならイスラエル!

君との濃い5日間は忘れない!

(航空券は8,345円)

 

イスタンブールに着。

ミレーのバックパックはラップでぐるぐる巻にされた姿で登場しました。

中身を検査された様子はなしッ! トラブルなしのイスラエル出国でした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*