〔328〕全長17.6㎞「トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」を歩いてみたッ!

 

どうも、SAISHUです。

 

アラスカのアンカレッジには無数のトレッキングコースがあると言われています。

その中でも初心者向けで、高低差がなく、市内からスタートできる「トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」を歩いてみました。

 

トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」の全体図。

ダウンタウンの2nd Ave.とH St.の角からトレイルが始まっています。

海沿いの道を歩き、アンカレッジ空港を過ぎ、キンケイドパークが終点です。

 

久しぶりのトレッキング。

僕は山が大好き。大学生の時に富士山に日帰り登山をしたり、屋久島に縄文杉を観に行ったりしました。

ハァハァと息を切らしながら歩を進めていくと、次第に頭の中が空っぽになり、ちっぽけな日頃の悩みなんてものは雲散霧消してしまうのです。

 

ユニークな看板を発見ッ!

REDUCE SPEED=速度を落とせ。

ココでしばし考える。どういうふうにツッコめばウケるだろうか、と。

 

きっと凡人はこう言う。

「いやいや、ヘラジカに言ったってムダでしょーう」

 

そして僕は悟る。

これ以上のツッコミが思い浮かばないので、自分は凡人だということに笑

 

立派な遊具を発見ッ!

「トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」には素敵な遊具がありましたので、次の記事で詳しく紹介しますッ!

 

泥(?)がスゴい。

海の方に目をやると、粘り気のある泥が堆積していた。

 

あッ!!!

 

野生のヘラジカがいたッ!

「トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」は全行程舗装されているにも関わらず、トレイル上でムースがよく見られることで人気が高いのです。

やっと会えたね、ヘラジカくんッ! しかし君はアレだね、身体がデカイっていうより……

 

 

脚が長いねッ!

 

 

(↑↑ ヘラジカと遭遇の動画です ↑↑)

 

澄んだ空気を堪能しながら無言で歩く。

雲が幅を利かせていた上空はすっかり晴れ、気温が上昇してきてイイ気持ち。

ところが僕はしかめっ面になっていた。足の裏が痛いのだ。歩きやすいニューバランスのスニーカーを履いてきたのに。

 

飛行機がやってきたッ!

轟音を響かせながら向かう先は空港だ。

傍からみると「なぜあんなに重い鉄の塊が空を飛ぶの?」と疑問が湧いた。

 

(↑↑ 動画です ↑↑)

 

なんでもないような風景が、綺麗だったと思う。

ロードの「なんでもないようなことが、幸せだったと思う」じゃないけれど、ホントに心に残る景色って、有名な観光地じゃなくて、ふと目の前に広がっている景色だったりすると思う。

 

キンケイドパークに入りました。

この頃から僕は、足裏の激痛に耐えられなくなり、とてもトレッキングを楽しめるような状態ではなくなってきた。

ツマラナイ映画を見ているときのように、「終われ、早く終われ!」と願っていた笑

 

あれ以来、ヘラジカは出てこない。

思えばあの2体のヘラジカはトレッキングの序盤に出てきてくれた、優しいヤツらだったのだ。

もっと彼らに興味を示しておけば良かった。序盤に会えてしまったからこそ、もっと奥地にはわんさかいると思ってしまった笑

 

とても往復はムリぴょん。

靴履いてるっけ? と確認したくなるほどの摩擦(キンカンをち○こに塗ったかのようなヒリヒリ感)が足の裏を襲う。

バス停を目指し、キンケイドパークを西に抜け、死に物狂いでRaspberry Roadを歩く。

(Jewel Lake Roadと交差するところでバスに乗りました)

 

ホステル近くのWalmartに辿り着いた。

調べてみると、キンケイドパークの真ん中からバス停までは6㎞あった。

「トニー・ノウルズ・コースタル・トレイル」は全長17.6㎞だから……

 

23㎞も歩いてた。

そりゃ足裏が痛くなるわ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*