〔222〕歩けばそこにバチカン市国。

 

どうも、SAISHUです。

 

ローマに降り立ってから「ローマ 観光」とグーグル先生に尋ねることで、そこにバチカン市国があると知りました笑

 

赤いピンが世界最小の国「バチカン市国」

国の中に国があるのは不思議なかんじ……。さらに「サンマリノ共和国」というのもイタリアの中にある国です。

 

Ottaviano駅を目指します。

Termini駅から歩ける距離ですが、マルタに続いてイタリアも日差しが強いのでメトロで行きました。

 

駅を出てからは人々に付いていく。

なんとなくの雰囲気でコッチにバチカン市国があるとわかりました。

 

あら! もうバチカン市国!?

なにかゲートがあることもなく、ここからがバチカン市国だよという線が引かれているわけでもなく、本当にただの広場のようなバチカン市国。

 

バチカン美術館やシスティーナ礼拝堂があります。

システィーナ礼拝堂にはミケランジェロの最高傑作といわれる「最後の審判」を見ることができるようです。

(どちらも長蛇の列だったので行ってません)

 

コンテナの郵便局。

世界最小の国から出すポストカード。

観光客を引きつける魅力は十分。

 

僕も出しました。

手紙に「バチカン市国では『最後の晩餐』が見られるようです」と書きましたが、正しくは「最後の審判」です笑

知識の上書き保存をしといてください!!

 

美しい橋。

バチカン市国はフラっと入れて、フラっと出れる、デパ地下のようなところでした。

まだまだローマには有名なスポットがたくさんあります!!

(次回に続きます!)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*