〔145〕素晴らしきインドを振り返る。

 

どうも、SAISHUです。

 

3月31日にINし、4月7日にネパールに脱出。そして4月18日に再び入獄し、4月24日にスリランカへ脱獄したインドの旅が終わりました。

素晴らしかったなァ、インド……。

 

はじめは最低1ヶ月、気に入ったら2ヶ月〜3ヶ月は滞在しようとしていたのに、2週間で「二度とくるかボケっ!」となりました♬

そんなインドを振り返りましょう!

 

 

列をつくらないインド人。

並んでいるとすぐに割り込んできます。

そういう人たちもどうかと思うけど、きちんと並んでる人を差し置いて注文を承るお店の人も問題があるように思います。

 

日本語ペラペラのクソインド人だらけのサダルストリート。

タイのカオサンロードのように安宿が並ぶ通りなのですが、日本人をカモにしたインド人が山ほどいます。

女性には恋人関係にもちこみ金をせびり、男性には大麻などの薬物を売り込んできます。

 

ごちゃごちゃとしたフラワーマーケット。

いい香りは全くしませんでした。ココの近くで売っていたバナナが不味かった。

 

落ち着かないガンジス河。

ま、ガンジス河については以前に書きましたけども……。

〔109〕ガンジス河で思ったこと。

 

悪臭漂う川。

アーグラの宿からタージ・マハルまでの道がゴミだらけでした。ツバもところ構わず吐くので汚いです。

 

クラクションがうるさすぎる。

歩道がないので呑気に散歩できるスペースがなく、後ろから鳴らされまくりでストレスMAX。本気でドロップキックしてやろうと思いました。

 

クソゲストハウス。

暑さ45℃の中、扇風機付きの部屋でシャワーを浴びたらお湯しか出ない。外よりも暑い室内で寝れるわけがなく、正直に低評価のレビューをつけたら、左のクソインド人からFacebookで「F○○K」とメッセージが届きました。

彼は僕の名前をフェイスブックで検索して見つけたんでしょう。それはプライバシーの侵害だと思いますケドね。

僕の宿探しの目安に、ホテルの外観ではなく旅行者との集合写真ばかり載せてる宿はもれなくクソってのがあります。

 

インドルピーなんていらない。

僕は記念に各国のお金を少しずつ残しているのですが、インドだけは邪魔になるから使い切ろうと思いました。

しかし空港で14ルピー(20円)余ってしまい、寄付BOXも見つけられなかったため、自動販売機のお釣りのところに入れて置きました。

見つけた人がHappyな気持ちになってくれることを祈ってます。

 

 

おわりです!

意見が真っ二つに分かれるといわれているインド。まさしくそのとおりで、今まで会った旅行者の中には「インドは最高だッ!」と言ってる人もいたし、「初めて嫌いな国ができたよ」と意見する人もいました。

北インドと南インドは全然違うらしいので、どこに行ったかで印象は違ってくるでしょうし、夏と冬でも大きく変わってくるでしょう。

僕は猛暑の4月に訪れ、観光客だらけのコルカタ、バラナシ、アーグラ、ニューデリーを回ったので仕方がなかったかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*