〔95〕ミャンマーを振り返る。

 

どうも、SAISHUです。

 

2017年3月15日にミャンマーINし、3月25日にミャンマーをOUTしました!

11日間滞在し、ヤンゴン➞バガン➞マンダレーと3都市まわったミャンマーの旅も、また強くココロに残るものでした。

 

悪路のミャワディ〜ヤンゴン間!!

タイから陸路でINした僕に待っていたのは、経験のない悪路とクーラーが効かないほどの暑い車内でした。

 

活気のあるヤンゴン!!

人や車の往来も激しく、街全体が活気に満ちていました。

タナカといわれる「顔に塗る日焼け止め」をしている人々もたくさんいます。

 

鳩のエサやりビジネス。

街を歩いていると、大量の鳩が止まっているエリアがありました。

ココには鳩のエサを売っているオバちゃんがいて、常に鳩を集めるためにエサを撒いているのでした(笑)

 

シュエダゴン・パゴダ。

ミャンマー最大の寺院であり、ヤンゴンの必見観光スポット。

実は電車一周ツアーで仲良くなったポルトガル美女と一緒に行きました。

僕がトイレに行っている間にハグれました。

(入場料10,000チャット。820円)

 

朝の托鉢 in バガン。

バガンの托鉢は厳かな雰囲気で行われていました。

まだまだ観光地化されていないのです。

 

人気のe-bike!

バガンを電動自転車でかっ飛ばす気持ち良さはサイコーでした。

(フツーのバイクにガンガン抜かされるけど)

 

ミャンマーの堀北真希(thazin)

ノーザンブリーズゲストハウスを宿に選んだ僕を褒めてやりたい。

ミャンマーの美人は堀北真希似が多く、イケメンはジャスティン・ビーバー似が多い印象(笑)

 

韓国人のヤンさんと、中国人のリーくん。

彼らとはノーザンブリーズゲストハウスで一緒になりました。

韓国人と中国人と日本人。仲の悪そうなトリオですが、ボクたちは拙い英語で何時間も喋り笑いまくってました。

(ところで左のヤンさん。小日向文世さんに似てません?笑)

 

ヤマト運輸のトラック。

ミャンマーには日本や韓国のセカンドハンド(中古車)がそこら中で走ってます。

日本や韓国の文字がそのままなので、なんだか不思議な感じ。

 

緑のタンクマッチョくん。

ヤンゴンの公園で一緒に懸垂して仲良くなりました(笑)

英語は喋れなかったので名前はわからず。

 

白のタンクマッチョくん。

緑のタンクマッチョくんと仲良しの彼も英語が喋れず名前はわからずじまい。

懸垂をしたあとはボクシングの練習をしていました。

たしかまだ15歳。若いなぁ!!

 

リトルヤンゴンホステル。

計4泊した居心地のよい素晴らしきホステル!

ミャンマーはどうもWi-Fiが不安定で繋がりにくいのですが、ココのWi-Fiは爆速!!

(スタッフもフレンドリー)

 

ミャンマーの映画スター。

実は僕、ミャンマーで何度か「ハンサムですね」と言われたのです。

きっとミャンマーの有名人に似ているんだな? ということで、映画のポスターをチェックしてみました。

 

 

ふむ。

なんだか出演できるんじゃないか?笑

 

 

さてさて、ミャンマーの旅も終わってしまいました。

ミャンマーを一言でまとめるとすると、

 

 

挨拶がめちゃ覚えにくい!!

 

 

ミャンマー語の「こんにちは」と「ありがとう」がムズカシイのです。

 

こんにちは

「ミンガラァバァ」

 

ありがとう

「チェーズードゥマァレ」

 

一回じゃ覚えられん!!

全然覚えられなかった僕は、こう日本語に変換しました。

 

 

ミンガラァバァ

「民家がパァ」

 

チェーズードゥマァレ

「チーズ黙れ!」

 

 

参考になればなによりです笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*