〔124〕ネパールを振り返る+企画について。

 

どうも、SAISHUです。

 

4月7日にInし、4月18日にOutしたネパールの旅が終わりました。

12日間滞在したネパールですが、ヒマラヤ山脈のトレッキングをしていない僕はネパールを味わえたとは思えません。

 

とても小さい国なのに、全貌を知るにはとてつもなく高い壁があったのです。

 

ポカラでのんびり。

暑すぎず寒すぎず過ごしやすいポカラ。

安い宿もたくさんあって、旅人には最高の街。

 

一杯200円のフレッシュジュース。

インドから来ると、ちょっと躊躇するお値段。

ポカラは物価の上昇が著しいらしい。

 

ネパールはトレッキング大国。

スカイダイビングやジャングルサファリなどのアクティビティも豊富。

もうちょっと安ければチャレンジしたかったなァ。

 

牛さんは駐車OK。

ベストポジションにいたので撮ってやりましたッ!

ネパールにも牛がたくさんいました。

 

草食べ放題のヤギさん。

逃げないように紐でくくりつけられていたものの、このヤギさん一匹しかいない空間に大量の草。

大きく育つんだぞッ!

 

ニセモノのNORTH FACE。

そのへんのお店で売っているノースフェイスは全て偽物です!

なんでかって? このズボンが1500円だからです(笑)

 

エベレストビール。

バラナシからポカラの移動で体調を崩したため、お酒はこのエベレストビール一杯しか飲みませんでした。

ノドゴシ爽やかで美味しいです!

 

砂だらけのカトマンズ。

日本の花粉の季節並に、現地の人々もマスクをしていました。

タメル地区(繁華街)では頻繁に道路に水を巻き、商品に砂がつかないように工夫をしていました。

 

実は、Happy New Year !!

僕がいる間に2074年を迎えてました(笑)

ネパールはビクラム歴なるものを採用しているのです。

 

カトマンズで目立つ日本語学校。

歩いていると、そこらじゅうに「Japan Study」の文字。

ネパール大地震の前は、もっと多くの日本語学校があったそうです。

 

ハトの餌やりビジネスっ!!

観光地のダルバール広場に大量のハトがいました。

そこには餌を売っているオバちゃん達と、エサを撒き写真を撮りまくる中国人観光客。

 

世界の猫、ドラえもん。

ドラえもんも大好きなのですが、今回の企画は「探せ! 世界のMARIO」。

必死にマリオを探しましたが……、

 

ネパールでマリオを発見できずッ!!

 

なかなかムズカシイ……。

やっぱり、チェンマイで見つけたマリオは奇跡だったんじゃないかな。

〔72〕MARIO in チェンマイ。

 

 

 

まとめ!

ネパールの人口は3000万人弱

小さな国にしては多くの人々。主な産業がないため海外に出稼ぎに行く人が多いそうです。

トップ画像のネパール紙幣ですが、今回は動物たちがカワイイ裏面にしました。

 

そして、ネパールの挨拶はインドと同じです。

 

 

こんにちは

ナマステ

 

ありがとう

ダンニャバード

 

覚えやすいのでいつもの日本語変換講座はありません(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*