〔357〕アマンギリ旅行記 ~野うさぎが見えるお部屋~

 

 

どうも、SAISHUです。

ラスベガスからザイオン国立公園を経由しアマンギリにやって参りました。

 

それではチェックインしてみましょーうッ!

 

 

ロビー。

あまりの美しさにため息がでますな……。チェックインは14時からですが、少し早めに到着していました。(だって早く堪能したいからね)

砂漠のほうにジャンプできちゃうぜ! と思っていたら、そこには透明感MAXの鏡があるのでした。

(鏡がなかったらココは砂だらけよ、とスタッフさんに言われました笑)

 

事前情報は見ないようにした。

アマンの一番の楽しみとかわくわくって、ホテルに到着する瞬間だと思うのです。こんな辺鄙なところによく作ったなって思ったり、よくこんな遠いところまで来たなーって思ったり、それはホテルのことを詳しく知らないほうが長続きすると思っていて、Youtubeでのレビュー動画(ホテル内部の情報)は見ないようにしました。

(AMAN公式のAMANGIRIの動画はみたけども)

 

DO NOT DISTURBのやり方。

お部屋に入る前に紐があり、左から右へ繋げば見たとおりの「邪魔しないでねッ!」になります。

アナログなところがカワイイ。

 

うぉぉッ!

こ、これはスゴい。なんじゃこの景観は。

(デザートビュースイート。広さは93平方メートル)

 

 

ずっと見ていられる。

一歩外に出ると静寂に包まれる。

東京での暮らしは色んな音が聞こえてるんだなァと感じました。

※砂漠のほうには行ってはいけません。なぜならデザートビュースイートはすべて同じ向きなので、他の部屋が見えてしまうのですッ!※ 

 

なごむわぁ。

ラスベガスからドライブしてきたけど、アマンギリに泊まらなかったらじっくり立ち止まって景色を堪能することはなかったんじゃなかろうか。

スバラシス。

(外は結構寒いです@2月)

 

野うさぎだッ!

部屋を案内してくれた方から「たまに野うさぎが見えるよ」と言われていたけど早速のおでましだッ!

コッチにおいでーと手招きしたけど、野生の本能を持つ彼は踵を返して見えなくなった。

 

ウェルカムアメニティ?

たぶん無料だよね、そうだよね、うん、食べてしまおう。

(1泊後はなくなっていたので、おそらくウェルカムアメニティ)

 

アマンギリの鍵。

アマンおなじみのアナログな鍵+現地の特色のモノ、の組み合わせ作品。

こちらは馬の毛だったと思われる!

 

 

 

さてさて、景観だけで今回は終わってしまった。

詳しいお部屋紹介は次回に持ち越しだッ!

 

 

 

 

yutodusoleil 登録者

«          »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*